東大式 ローダウン解体新書 口コミ

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座



1つ目のポイントは、意識的に腕にたるみを作ると言う事です。これは何故かというと、三つ目のポイントであるボールの表面を撫でるという動作を行うためです。

野球では、ボールが軽いため、意識してい無くても腕にたるみがあるため、そのたるみを使って手首のスナップを効かせることができます。

一方、野球に比べボールが重いボウリングでは、意識的に腕のたるみを作らないと、リリースの際にボールの表面を多く撫でることが出来ません。ここも、従来の投法とは異なる点になります。
ボウリング投げ方
ローダウンでは、腕に意識的にたるみを作り、そのたるみを使って、その後の表面を撫でる動作に繋げるのです。

二つ目のポイントは、ボールを投げる際に野球のボールを投げるときのように、肩、肘、手首の順に前に出しながら腕を伸ばしていき、最後に、ボールを投げるようにする事です。

このことにより、助走で蓄えたスピードや体幹の力がスムーズに腕を通じてボールに伝わり、より強いボールを投げることが出来るようになります。

また、腕のたるみを、次のポイントであるボールの表面を撫でる動作に使えるように、この流れを意識する必要があるのです。

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書

一方で、従来の投法であるリフト&ターン、或いは振り子投法と呼ばれるものの場合、
肩と肘、手首の関係は、バックスイングからリリースの間、ずっと一直線になっています。

これは、コントロールを維持する上では大きなメリットがありますが、実際には、野球のボールを投げる時のように、肩から順番に腕を伸ばしていくほうが、本来の体の動きとしては自然な流れです。

そのため、ローダウン投法のほうが、ロスが少ない形で助走や体幹の力をボールに伝えやすいのです。

そして、最後のポイントは、リリースの際に、ボールの表面を出来るだけ多く撫でることです。これは、野球では当たり前のことです。野球ボールを投げる際には、必ず、ボールが手のひらに沿って指先へ移動し、最後に指先から離れて行きます。

変化球を投げる際はなおさらそうです。

この手のひらを沿って移動する過程でボールにより大きな回転力が加わり、指先を離れた瞬間から高速回転で進んで行きます。


東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

これはボウリングでも同じことです。

余り回転のかかりにくい従来の投法では、回転をかける手段は、リリースの際のフィンガーの部分しか御座いません。そのため、ボールを撫でる時間はほんの僅かのため、回転が加わる前にリリースされてしまいます。

一方で、ローダウンでは、手首のスナップを効かせることで、リリースの瞬間に、一瞬だけ手のひらでボールの表面を撫でます。この動作によって、従来の投法に比べて驚く程の回転がボールに加わるのです。
わたしは、この三つのポイントを特に意識して練習したおかげで、今では、ローダウン投法を自由自在に使いこなし、シードプロにまでなる事ができました。
わたしは、ちょっとしたきっかけからスランプを脱し、無事ローダウンを身につけることができましたが、その一方で、プロとして試合をする時や北小金ボウルで練習をしていると、度々、アマチュアボウラーの方に、

「わたしも金子プロのように曲げるボールを投げたいのですが・・・」
「PBA選手のように回転数を上げるにはどうすれば良いですか?」

と質問されるようになりました。
日本で行われるジャパンカップの影響もあり、多くのボウラーがローダウンや高速回転に関心を持っているのだなと感じ始めていました。

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座


ただ、アマチュアボウラー達から、どのようにローダウンを学べば良いか、どこに行けば教えてくれのか、と聞かれても、日本人向けにローダウン投法を説明した書籍や教材は殆どなく、指導してくれるプロボウラーも限られていました。

また、多少なりとも、わたしから直接ローダウンを教わりたいとの声も寄せられていました。 そこで、わたしは、いろいろと悩んだ末、思い切って地元でローダウン教室を開催する事にしたのです。

教室を始めた時に思っていたことは、もしかしたら、わたしのローダウンのテクニックはわたしにしか合わないもので、他のボウラーの上達には繋がらないかもしれない、という不安がありました。

それでも、わたしが今まで長年培ってきたローダウンの技術や考え方を、出来るだけわかりやすく教えることを心がけ、ローダウン初心者の方や既に独学でローダウンを学んでいる方々の指導を始めました。


>>更に詳しい内容はこちらから